今日は何の日?
職業野球連盟設立の日
長崎二十六聖人殉教の日

今日のバイトからの帰り道のお話

学校が休みの今、駅前の駐輪場借りていない俺は
駅から徒歩10分ほどに構えている祖母の家に原付を置かせてもらい
そこから駅に向かっている
この時期はその10分の寒さが身に染みる
特に今日のような風強い日は・・・

今日も例のごとく、バイトの帰りに祖母の家に向かって
いつのも道を、いつもの通りに歩いてた
『寒い寒い』と思いながら。
ただ、いつもとちょっと違っていたこと
それは
ありがたくも“券売機ブレイカー”の異名を頂戴してる俺は
今日もまた券売機故障の対応に走って疲れていたことだ。

そんな俺には、いつもは横目に過ぎている自販機が
まるでオアシスのように見えた
『あぁ・・・今日は頑張ったし、何か温かいものでも飲もう』
空腹だった俺は、商品列の右下にちょこんと配置されていた
『コーンスープ・・・これなら少しはお腹も満たされるだろう』
俺は震える手で120円を自動販売機に入れた
ゴトン
ボタンを押すと、自販機は商品をはきだした
俺はそれを取り出し、そして目を疑った

おしるこ

俺の手の中にある缶には、そう一言だけ書かれていた
俺は泣いた